〒399-4117 長野県駒ケ根市赤穂11678-79
TEL:0265-82-5238/FAX:0265-83-6346

営業品目
  • ◇ 精密板金加工
  • ◇ ペレットストーブ
  • ◇ スチール椅子部品
  • ◇ OA機器部品
  • ◇ エクステリア製品
  • ◇ 建築部材
  • ◇ ガスメーター
  • ◇ 福祉機器製造

iso9001

登録活動範囲
・金属加工製品(プレス、板金、パイプ、溶接、組立、金型治具)の設計、開発及び製造。・暖房機器(ペレットストーブ)の設計、開発及び製造。・運搬機材(リヤカー等)の設計、開発及び製造。
関連事業所:[活動範囲:同上]
・株式会社ヨウホク 上の原工場 長野県駒ヶ根市下平292-2

自社商品紹介

折りたためる リヤカー

ファミリアカー

小さくても力持ち。いろいろなシーンで大活躍。

アウトドアに大活躍

レジャー・キャンプに。車から現場まで多くの荷物を一度に運べます。
たためば車の荷台に収まり便利です。

ビジネスに

展示会場の設営でテーブル・イス・パソコン・カタログ、台車では積めない荷物も一度で安全に運搬。

ご家庭に、農作業に

重い荷物。車が通れない細いあぜ道もラクラク移動できます。
ご家庭での園芸やゴミ出し等にも。

建設に

現場内外の資材・工具の運搬に。狭い現場でも小回り自由で効率アップ。ノーパンクタイヤで安心。

学校・保育園で

体操マットや部活道具、かさばって重たい物も楽々搬送。
運動会や遠足など様々な行事で活躍します。

物流に

時間通りに物を運ぶ商売です。迂回して時間をロスするなら、これで問題解決。
ハンドルをたためば、エレベーターにも乗れます。

9910救急当番

万一に備え、もう一歩踏み込んだ防災用具です。

担架取付がワンタッチ

専用担架を取り付けるだけで、簡易救急車に早変わり。病人・ケガ人を乗せたら一人での搬送が可能です。

地震・災害用の備えに

万一の災害時、自動車が使えない時に、食料・水・支援物資・医療機器やケガ人の搬送に役立ちます。
又、災害後、倒壊した家屋などのガレキを片付ける際にも役立ちます。

軽量&コンパクト

超軽量25kg!たたんで軽自動車のトランクにも収納可能。
走行中ハンドルを折るだけでエレベーターにも乗れます。

ノーパンクタイヤ

ノーパンクタイヤは、クッション性もあり、ガレキの道でもパンクの心配がありません。

専用折りたたみ担架<別売>

「9910救急当番」に取付可能な担架は、普段は半分の長さで収納便利です。

一人で搬送

救急時に人手が足りなくてもこれで安心!

【仕様】

ファミリアカー

セット寸法 全長1467mm×幅785mm×高さ773mm
折り畳み寸法 全長840mm×幅280mm×高さ640mm
荷台寸法 全長700mm×幅540mm×高さ325mm
本体重量 25kg
最大積載量 150kg
種別または範囲 軽車両(道路交通法上は自転車と同等に扱われます)
タイヤ ノーパンクタイヤ
フレーム素材 スチール
カラー ブルー(荷台はシルバー)

 

9910救急当番

セット寸法 全長1612mm×幅832mm×高さ794mm
折り畳み寸法 全長955mm×幅280mm×高さ665mm
荷台寸法 全長800mm×幅590mm×高さ350mm
本体重量 22kg
最大積載量 150kg
種別または範囲 軽車両(道路交通法上は自転車と同等に扱われます)
タイヤ ノーパンクタイヤ
フレーム素材 アルミ+スチール
カラー ブラウン

 

担架

セット寸法 全長2100mm×幅670mm
折り畳み寸法 全長1100mm×φ220mm
荷台寸法
本体重量 4.5kg
最大積載量 150kg
種別または範囲
タイヤ
フレーム素材 アルミ
カラー シルバー

パンフレット

パンフレット リベルパンフレットリヤカーパンフレット

【ご注意】

  • ・本製品は乗用ではありません。人を乗せての使用は大変危険ですので、担架使用時以外は人を乗せないでください。
  • ・最大積載量は、約150kgです。これ以上は乗せないでください。
  • ・自動車やオートバイ、自転車等によるけん引はしないでください。
  • ・本品の分解や改造等は行わないでください。
  • ・凹凸や段差のある場所、急な坂道などで使用する際は転倒や横転に十分注意してください。
  • ・一般公道を通行する際は、他の交通に十分注意してください。
  • ・組立、収納時や使用の際、指や手などを挟んだりしないように十分注意してください。特に幼児には注意し、組立・収納をさせないようにして下さい。
  • ・荷物や担架を積む際は、リヤカー本体の転倒を防ぐため、スタンドを使用するか、バランス良く荷物を荷台に積んでください。
  • ・荷物は荷台からはみ出したり、落下しないように注意してください。
  • ・走行時、回転中のタイヤには手など触れないように注意してください。
  • ・使用ごとに必ず機構部分に変形や破損がないか点検し、以上がある場合は直ちに使用を注意してください。
  • ・使用後は汚れや水気をよく拭き取り、屋内に収納・保管してください。
このページの先頭に戻る